1/9
川邊りえこmap.jpg

子供書道ワークショップ

 

国際性とは自国の文化を知り、大事に思うこと、

民族の多様性を尊ぶこと。

 

天と地を繋ぐ筆。

二度と同じ瞬間のない書を、

川邊りえこが世界の子供たちに、

「愛」という文字を通して世界を繋いでいくプロジェクト。

 

初めて持つ筆を興味深く持つ子供たち。

「天と地の間に人がいて、筆はそれを繋ぐ聖なるもの。

直角にすることによって表現が生まれる」

どの国でも皆、真剣に筆を立て、「イメージすることが大事で書くのは一度」とおしえると、その時、その筆の運びにどの子も真剣に向き合う。

 

「表現することの楽しさ」「書の素晴らしさ」が世界に発信されていく。

 

この活動は、2004年に設立された雅藝日本文化交流基金によって支えられている。この基金は川邊りえこの個展による作品売り上げ収益を柱として、日本雅藝倶楽部メンバーによるチャリティーオークションの売り上げによって成り立っている。

 

世界の子供たちへのワークショップでは、団扇やバックTシャツに作品を仕上げ、文房具や図書、地域によっては衣類や電気などを寄付している。